2度目の債務整理

2度目の債務整理でも行うことはできますか?

過去に債務整理を行った方でも、2度目の債務整理を行うことは可能です。
特に任意整理に回数制限はなく、極論、何度でも行うことができます

ただし、回数を重ねるごとに債権者の同意が得られない可能性が高くなります。
また、一度自己破産をされた方の場合、原則7年間、期間を空けなければ再度自己破産をすることができず、通常別の債務整理手続を検討することになります。最適な債務整理手続をご提案させていただきますので、お気軽に当事務所にご相談ください。

2度目の債務整理を申請する方々はこんな人(よくある相談事例)

1度目の債務整理が任意整理だった場合、その後、失業したり会社が倒産したり等の理由により返済が苦しくなり、2度目の債務整理を希望する方が少なくありません。
特に借金が高額だった場合、返済できなくなるケースは非常に多いです。

そのような方には、当事務所の専門家が皆様のお話を詳しくお聞きし、状況を把握した上で個人再生か自己破産をご提案することが多いです。同じ債務整理手続は、債権者に認められないケースも多く、別の手続きをとることが望ましいでしょう。

2度目の債務整理の特徴

上記の通り、2度目の債務整理は1度目とは異なる手続きをとることが望ましいです。
その中でも、1度目が任意整理で、2度目は自己破産の手続きをするケースが多くなっています。

ただし、自己破産の場合は免責(借金の返済が免除)されるか否かが焦点となりますので、任意整理をしても厳しい状況であったことを明確にする必要があります。

当事務所では年間350件程度、債務整理に関する案件を取り扱っており、多数の解決実績がございます。

債務整理に関するご相談は初回無料で行っておりますので、お早めにご相談下さい。

債務整理に関する解決実績はコチラをご覧下さい>>
無料相談に関してはコチラをご覧下さい>>

  • 借金問題の無料相談受付中!
  • PAGE TOP