任意売却

このまま住宅ローンの滞納を続けると…

・金融機関から督促状が届いてしまった…

・このままでは競売にかけられてしまう…

・借金の返済が滞っているが、自己破産だけは避けたい…

今、このような住宅ローンのお悩みを抱えている方が増えています。
ではこのまま住宅ローンを滞納してしまうとどうなるのでしょうか?

仮に、あなたが住宅ローンや不動産を担保にした借入金の返済を滞納してしまった場合、あなたの自宅は競売(けいばい)にかけられてしまいます。

競売とは、住宅ローンなどの借金を返せなくなった場合に、債権者が裁判所に申し立てをすることで担保となっている土地や建物を裁判所が強制的に売却してしまう手続きです。場合によっては自宅から強制退去も命じられることもあります。

また、競売になったからといって、あなたの借金が帳消しになるわけではありません。競売の場合は、普通に売却するよりも2~3割安い価格で叩き売られてしまうこともあり、自宅の売却価格があなたのローンの残額に満たない場合は、その差額が借金として残ってしまいます。

そのため、あなたは自宅を失った上に、多額の借金に悩まされることになるのです。

競売についてさらに詳しく知りたい方はこちら>>

競売を避けるためには…

競売を避ける方法は主に2つです。

ひとつは個人再生手続きです。個人再生は住宅ローン以外の借金を大幅に減らすことで、結果的に住宅ローンの負担を軽減できます。
住宅ローン以外の借金の返済に追われて、住宅ローンの返済までお金がまわらないという方には大変有効な手段です。

個人再生について詳しくはこちら>>

しかし、住宅ローン自体は減額されないので、住宅ローン自体の返済が苦しい場合はこの制度を利用することができません。
そのような場合に残された手段が任意売却です。

任意売却とは

任意売却とは、自宅などの不動産を所有者自らの意思で売却し、その代金をもって住宅ローンを返済する方法です。任意売却は、通常の不動産の売却と同様に一般の市場で売却を行うので、競売のように通常の売却価格よりも2~3割安く叩き売られてしまうことはありません。したがって、競売になるよりも借入額を減らすことができます。

また、交渉次第で自宅を出て行く際の引越し費用がもらえる(競売では引越し費用は出ません)といったメリットがあります。

任意売却のメリットについて、さらに詳しく知りたい方はこちら>>

当事務所が任意売却で選ばれる理由

①任意売却以外の選択肢もご提案

当事務所は任意売却だけでなく、個人再生や任意整理など債務整理によりご自宅を売らなくて済む方法も検討いたします。不動産会社は債務整理をすることはできないので、売却後に実は自宅を売らなくて良かったというケースも多々あります。任意売却の前に必ず法律の専門化である司法書士にご相談下さい。

②任意売却に強い不動産会社と連携

任意売却は債権者との交渉など、通常の不動産の売却よりも煩雑な手続きが数多くあります。そのため、任意売却の経験が少ない不動産会社ではスムーズな売却ができず、競売になってしまったケースもあります。
当事務所では、責任をもって任意売却に強い不動産会社をご紹介いたします。

※司法書士は法律相談のみをお受けし、不動産の仲介は行いません。不動産仲介が必要な場合は適正な不動産会社ごご紹介いたします。

任意売却の無料相談実施中!

任意売却をお考えの皆様は、まずは一度、当事務所にご相談ください。

浜松・静岡の方からのご相談をお待ちしております。

事務所紹介について詳しくはこちら>>

また、当事務所は初回のご相談を無料でお受けしております。
お気軽にお問い合わせください。

無料相談について詳しくはこちら>>

  • PAGE TOP