競売

競売とは??

競売(けいばい)とは、住宅ローンなどの借金を返せなくなった場合に、債権者が裁判所に申し立てをすることで担保となっている土地や建物を裁判所が強制的に売却してしまう手続きです。場合によっては自宅から強制退去を命じられることもあります。

また、競売になったからといって、あなたの借金が帳消しになるわけではありません。競売の場合は、普通に売却するよりも2~3割安い価格で叩き売られてしまうことがあり、自宅の売却価格があなたのローンの残額に満たない場合は、その差額が借金として残ってしまいます。

そのため、あなたは自宅を失った上に、多額の借金に悩まされることになるのです。

競売に関するよくある誤解

競売で落札されると残債務(借金)はなくなる?

残債務(借金)はなくなりません。住宅ローンの残額から競売による売却価格を引いた差額を、自宅を失った後も返済し続ける必要があります。
落札後に債権者より残債務についての請求がきます。これに応じないと、最悪の場合、給与差押や保証人への不動産差押など、法的処置を取られることもあります。

もちろん住宅ローンの残額より高い金額で売却されれば返済の必要はなくなりますが、競売の場合、市場価格よりも安く売られてしまうことが多いので、ほとんどの場合で債務が残ります。

競売で落札された場合、引越し費用等は出してもらえる?

原則として引越し費用は出ません。

引越し費用が出ないうえに、引越しの目処が立つ前に買主の都合で家を明け渡さなくてはならない場合もあります。

以上のように、競売は自宅を失った上に、多額の借金が残る「最悪のシナリオ」なのです。

競売を避けるために

競売を避ける方法は主に2つです。
ひとつは個人再生手続きです。個人再生は住宅ローン以外の借金を大幅に減らすことで、結果的に住宅ローンの負担を軽減できます。
住宅ローン以外の借金の返済に追われて、住宅ローンの返済までお金がまわらないという方には大変有効な手段です。

個人再生について詳しくはこちら>>

もうひとつは任意売却です。
任意売却とは、自宅等の不動産を所有者自らの意思で売却し、その代金をもって住宅ローンを返済する方法です。任意売却は通常の不動産の売却と同様に一般の市場で売却を行うので、競売のように通常の売却価格よりも2~3割安く叩き売られてしまうことはありません。したがって、競売になるよりも借入額を減らすことができます。

また、交渉次第で自宅を出て行く際の引越し費用がもらえる(競売では引越し費用は出ません)といったメリットがあります。

任意売却について詳しくはこちら>>

いずれにしても競売を避けるためにこれらの方法を採ることができる時間は限られています。一刻も早く専門家にご相談することをお勧めします。

当事務所は住宅ローン問題の豊富な経験がございますので、競売を避けるために幅広いご提案が可能です。
また、任意売却は債権者との交渉など複雑な手続きが求められますが、当事務所にご相談いただければ必要に応じて任意売却に強い不動産会社をご紹介させていただきます。
ぜひ一度ご相談下さい。

  • PAGE TOP